フリー便と引越し業者

単身引越の方は、荷物が少ないためにフリー便が使用できるので、引越し業者の相場価格よりもお手ごろに引越しを終えることができます。お得に対応していただけますが、フリー便の独特の注意事項もありますので、引越し時の対応には注意を配りましょう。

フリー便まず、フリー便とはその名の通りにフリーな時間帯に引越しを行うものです。1日に2度3度と引越し業務を効率的に行いたい業者が、トラックがフリーになる時間帯を狙って行う引越しのことを指します。当日にならないと引越し時間が分からないのが難点です。午後からの引越しとなることもあり、近距離への転居ならあまり問題はないです。遠距離ともなると転居先へ到着するのが夜間になることもあります。こうなった場合、周囲への配慮が必要となります。

また、夜間にトラックを停めて置く場所があるかどうかの確認をします。昼間でさえも周囲への配慮は大切ですので、夜間は更に注意が必要です。単身者が多く住んでいる集合住宅の関係する方への挨拶なども忘れないようにしましょう。また、荷物の搬入が終わっても、夜間には食べ物の心配が出てくるかもしれません。あらかじめ食料を用意しておきます。更に、荷物の中ですぐに必要となる布団や着替えやパジャマなども分かるようにしておくととても便利です。このようにちょっとした気配りでぐっと引越しが楽になりますよ。

フリー便を使った引越の注意点

急な転勤や転職など、単身で引っ越すことになると引越し業者を探さなくてはなりませんね。少しでも予算を節約したい場合に適しているのがフリー便です。時間帯を選択できませんので、それなりの注意が必要になります。

配慮単身者や荷物の少ない方は、フリー便を使ってお得に引越しができます。あまりに多い荷物では、フリー便を希望しても通常便を勧められたりする場合もあるので、荷物の少ない利点を生かした割引制度といえます。このフリー便は、業者さんが、効率よく引越し回数を増やしたいからできた制度です。フリー便では、トラックの空いた時間帯に行われます。その日に予定されている引越しを終えてからの引越しが多くなるために午後から始まることも少なくありません。近距離だと、午後から始まっても夜になる前には終了することも多いでしょう。しかし、ある程度の距離がある場合の引っ越しだと、荷物の搬入が夜や翌日になることがあります。単身での転居先は、集合住宅である場合が多いですので、上下階と両隣りの方への配慮を忘れてはいけません。夜間や早朝に荷物の搬入をする際には、トラブルにならないように事前の挨拶をすることが大切です。階下への振動や騒音が伝わらないように配慮をしなくてはなりません。また、荷物搬入時には、電気や水道が使用できないと不便ですので事前の準備も行なっておきましょう。フリー便はお手ごろに引越しができますが、配慮が多く必要な引越しでもあります。

引越しのフリー便は近距離がお得

単身で引越しの場合、ファミリーでの引越しに比べて荷物は少なく身軽な引っ越しですね。荷物が少なくても、予算はなるべく少なく済ませたいのは、どの引越でも同じこと。引越しのフリー便は、予算を押さえることができるひとつの手段です

フリー便フリー便とは、引越しの時間帯指定ができない契約でトラックや人手の空いた時間に引越しを行うというものです。荷物が比較的少ない世帯向けのサービスにもなるので、単身者の引っ越しに適しています。フリー便は、費用が安い分、隙間の時間で行うので、いつトラックが来るか分からないことが心配の種です。初めての単身引越の場合、荷物の引き取りや荷物の搬入の時間が分からないの少々不安です。しかし、慣れている方ならお得に引越しができる良い制度ではないでしょうか。さらに、フリー便は近距離におすすめです。というのは、距離がある場合、荷物の搬入時間の予測が立ちにくいからです。午前中に1件引越しを終えてから、スタートする場合が多く午後に荷物の搬出になることがあります。遠方への引越しでは、荷物の搬入が夜になってしまいます。マンション内やご近所さんなどにご迷惑となって穏やかな生活のスタートを切ることが難しくなります。このように、フリー便は、選んで賢く使えば、お得に引越しができるシステムだといえます。

フリー便を使った引越し

引越しのフリー便は、身軽な単身世帯ではお得な料金でできる魅力的なサービスです。フリー便とは、引越し業者がなるべく多くの引越しを1日に行うために設定しています。トラックと人員の空いた時間帯を狙って引越しを行います。そのおかげで、お得に引っ越すことができます。お得になるものの、引越しがいつ始まるかは当日になってみないと分からいもの。慣れた方なら問題ないですが、初めての引越しであれば、心配ことも増えてくるのではないでしょうか。

フリー便フリー便での引越しがいつ始まるかは決まっていません。その前の引越しが終了してから行われます。ほとんどの場合、午後からのスタートになります。近い距離への引越しなら、あまり問題はありません。しかし、少し距離があるところへ引っ越すとなると、荷物の搬入は夜間から。マンションなどのご近所となる方への挨拶や騒音や振動の防止には気をつけることが大切です。電気やガス・水道のライフラインの確保も忘れないようにしましょう

また、夜間の引越し作業では、トラックの停車位置も気になるところです。あらかじめ、不動産会社などを通じて関係する方に許可を取る必要も出てきます。さらに、暗い中の搬入作業では怪我や事故が起こらないような配慮もしなければなりません。更には、引越し当日の食事の用意や寝具やすぐに使う衣類の荷物の場所も確認しておくと良いでしょう。以上の点に注意されて、フリー便でのお得な引越しが上手くいけばいいですね。