硬いマットレスは体型に合わせないと腰が痛い

 

硬いマットレスは腰痛に良いの罠に騙されてしまう人も多いです。

 

確かに硬いマットレスは寝返りの回数は増えやすいですし、深く沈み込み過ぎないです。

 

しかし、高反発だから良いなんてのは体型を考えていないのを前提の話でしかありません。

 

そのため、硬いマットレスを使っていると腰痛になることもあれば、眠れないこともあります。

 

アスリートは固いベッドマットレスを使うことが多いですが、それは筋肉質などの体型が関係をしています。

 

この記事では硬いマットレスで腰が痛い時の対策を原因を特定することでより分かるようになっています。

 

あなたが悩まされてる原因を特定することで、自宅にある物で無料で代用をしたりすることもできます。

 

 

硬すぎるマットレスは腰が痛い

 

硬いマットレスで腰が痛いのはあなたの体型に合わずに寝具が硬すぎるからです。

 

寝具が硬すぎると背中は反っているので、寝た時に腰が浮いた状態になります。

 

そのため、たとえ沈み込みをしていなくても、常に睡眠中に背中が少し浮いた状態となるので、眠れなかったり朝に腰痛に悩まされるのですね。

 

ようするにあなたが今使っているマットレスが体型に合っていないのが原因となります。

 

そのため、目覚めた時に腰が痛いのを対策するのに有効なのは、浮いた腰をどうにかすることが必要となるのですね。

 

からだに合わないマットレスで腰が痛い時の改善方法

 

硬いマットレスで腰が痛いときの改善方法としては、寝具の硬さを変える為に下に何かを敷く必要があります。

 

  • 腰枕
  • マットレストッパー
  • 敷布団

 

改善方法に使われるものは色々とありますが、浮いた腰の部分の高さに合わせたりすることが必要となります。

 

そのため、改善方法にも腰枕を使えば良いなどではなく、今の体型と寝具に合わせる必要があるのですね。

 

マットレスで腰が浮く時の対策!硬すぎる寝具は腰痛の原因になる

 

硬いマットレスは腰痛に良いは本当

 

硬いマットレスは腰痛に良いと解説されることは多いです。

 

もともと、快適な睡眠を送る為には背中が寝具に接するぐらいにお尻が沈み込んだ姿勢を維持できるのです。

 

それに寝返りをすることで寝ている間に腰にかかる負担を軽減することができるので、しやすいのがメリットでもある硬いマットレスは腰痛に良いと言われているのですね。

 

寝具に寝ればあなたの体重がかかるので、低反発で柔らかいと深く沈み込んでしまいます。

 

柔らかいとベッドだと体重が軽ければ良いですが、痩せていないと腰が沈んだ姿勢で朝まで迎えることになります。

 

そのため、硬いマットレスなら体圧をかけても深く沈み込みづらく、軽くつぶれるので腰痛に良いと言われているのですね。

 

硬ければ腰痛に良い訳ではない

 

腰痛に良いマットレスや敷布団を探している人向けの情報や口コミで失敗をしやすいのが、寝具の硬さは高反発や低反発だけでなく、様々な数値があることを知らないことです。

 

そのため、すでに悩んでいる人向けに「このマットレスは高反発だから腰痛に良い」や「口コミでも評判が良い」などを見かけ、使う寝具を選んで失敗をすることもあります。

 

硬ければ腰痛に良い訳ではなく、あなたの体型に合わせて硬さを選ぶ必要があるのですね。

 

様々な評判の良い高反発マットレスは売られていますが、寝具は口コミだけから判断をすることはできません。

 

硬さの数値はNで表記されますが、高反発でも100Nもあるし200Nもあります。

 

そのため、腰痛が改善されたからと評判が良いからと言って、あなたにも同様のことが当てはまる訳ではありません。

 

硬ければ腰痛に良い訳ではなく、あなたの体型に合わせて少し硬めの寝具を選ぶといいのですね。

 

硬いマットレスで腰痛な人へまとめ

 

硬いマットレスで腰痛なのであれば対策をすることで改善させることはできます。

 

しかし、結局は体型に合わせた寝具用品を使ったりしなければならず、今使っているのがからだに合っていないのに変わりはありません。

 

そのため、できるだけ新しい寝具に取り換えるのを考えてみるのがおすすめです。

 

ひとつの寝具はホテルのように短期間ではなく、何年と使い続けるものでもあるので、からだに合わないといくら対策をしても、また同じように悩まされたりすることもあります。

 

また、腰が痛いのは改善されても疲れがしっかり取れないや眠れないなどと悩まされることもあります。

 

それなら、体に合うマットレスを購入して使う方がコスパが良いことも多く、疲れがしっかりと取れて目覚めることができるようになるのでおすすめすることができます。

 

あなたの体型に合う硬いマットレスの硬さについては、体重別に目安を下記の記事で紹介をしているので、この記事と合わせてご覧ください。

 

高反発マットレスで腰痛を悪化させない選び方

 

トップへ戻る