高反発マットレスでも体型に合わないと疲れる

 

高反発マットレスで寝ていると疲れが取れないまま目覚めることがあります。

 

一時的であれば継続的に朝に疲れていたり、途中で目が覚めてしまうのが定期的に起きるので、対策をするか買い替えを検討をした方が良いです。

 

高反発マットレスで疲れが取れない原因は2種類あり、使い始めの頃からの時もあれば、途中からのこともあります。

 

そのため、まずはあなたの原因はどちらかを特定することで、対策が必要か分かるようになっています。

 

あなたが高反発マットレスで寝ていて疲れが取れない経験をしているのなら、この記事でどの原因でどんな対策をすれば良いかが分かるようになっています。

 

 

高反発マットレスで疲れる原因

 

高反発マットレスで疲れる原因は2種類あります。

 

  • 体重に合わせた硬さでない
  • 高反発マットレスに慣れない

 

硬い寝具は腰痛に良いや楽な姿勢で寝れるなど見かけることも多いですが、これは一部分を切り抜いた情報でしかありません。

 

高反発の寝具とはいえ硬さは様々なので、体重に合わなければ快適な朝を迎えることができないのですね。

 

あなたはどちらに当てはまるのか詳しく原因を解説していくのでご確認ください。

 

高反発でも体重に合わせた硬さになっていない

 

疲れが取れる寝具とは体重や体型によって変わってきます。

 

高反発マットレスでも体重が重たいのに柔らかめを選んでいたり、痩せているのに硬めを選べば、疲れが取れなかったり腰痛に悩まされるようになります。

 

体重に合わせていないことで「腰が浮いたり」「お尻が深く沈む」ような寝姿勢にもなってきます。

 

体重と硬さが合っていない人は「使い始めの時」や「使っていく途中」であろうと、疲れが取れない原因になってきます。

 

体型は生活していく上で痩せたり太ったりもするので、使い始めの頃は快適だとしても、途中からからだに合わなくなることもあるのですね。

 

硬すぎる人は下記の記事で詳しく解説しているので合わせてご覧ください。
マットレスで腰が浮く時の対策!硬すぎる寝具は腰痛の原因になる

 

高反発マットレスに慣れるまでの期間

 

高反発マットレスを今まで使った経験がない人だと、慣れるまで寝づらいと感じることも多いです。

 

低反発に比べると硬い寝具なので初めて使いはじめると、今までと寝心地が違うので目が覚めてしまったり、寝つきが悪くなってしまいます。

 

そのため、朝に疲れが取れない原因になってしまうのですね。

 

人にもよりますが初めて高反発マットレスを使い始めた人は慣れるまでに2週間ぐらいかかることも多いです。

 

もしも、あなたが腰が浮いたり沈んだりするのではなく、新しいのを使い始めたばかりで疲れが取れないのであれば、この原因の可能性があります。

 

これから紹介する対策をすることで改善させることもできますが、時間が解決してくれる可能性があるならそのままで良いって人は、もう少しだけ待ってみてはいかがでしょうか。

 

高反発だからでなく自分に合わないのが原因

 

高反発マットレスで疲れが取れない根本は「自分に合わない寝具」だからです。

 

自分に合う寝具が大切と解説しながら、高反発だから腰痛に良いや自分に良いなど見かけたりします。

 

そのまま、口コミを参考にしながらなんとなく良さそうと思った高反発マットレスを使って失敗をしてしまう人は多い気がします。

 

根本は高反発だからいけないのではなく、あなたの体型に合わない硬さなのが原因なのですね。

 

高反発だから腰痛に良かったりするのではなく、寝具に寝ると体重の重みで体圧がかかります。

 

そのため、沈み込み過ぎないから合う人がたくさんいるだけであり、あなたの体重に合わせて高反発でも硬さは選ぶことが大切なのですね。

 

高反発マットレスで疲れる時の対策

 

高反発マットレスで疲れる時の対策としては寝心地を改善させる必要があります。

 

そのための寝具用品として「マットレストッパー」と呼ばれるものを活用していきます。

 

マットレストッパーとは敷布団やマットレスの上に敷くもので、硬さが合わない時に寝心地を改善させることができます。

 

そのため、今使っている高反発マットレスにトッパーを使った対策をすることで、寝心地の硬さを変化させることができるのですね。

 

安いのであれば数千円ぐらいで販売がされています。

 

しかし、マットレストッパーを使ったとしても同じように硬さが合わなければ、疲れが取れないままとなってしまうこともあります。

 

そのため、できるだけエムリリーの優反発のような低反発と高反発が組み合わせっているような、評判の良いのを使うのがおすすめです。

 

疲れが取れるマットレスを探すのがおすすめ

 

高反発マットレスや敷布団で疲れが取れなくてもトッパーを使えば改善させることはできます。

 

しかし、そもそもからだに合っていないマットレスを使っているのなら、最初からからだに合う疲れが取れるマットレスを探すのがおすすめです。

 

疲れが取れるマットレスとはここまで呼んで頂ければわかるように、あなたの体重に合わせた硬さになっていることです。

 

その上で、体圧分散がしやすい設計や素材になっていたりするのを選ぶと、快適に目覚めやすくなってきます。

 

対策をするにしろマットレストッパーを用意したり、更に洗うなどの手間や耐久性の面も考えなければなりません。

 

それなら最初からからだに合うマットレスに探すのが手間もかからないですしおすすめすることができます。

 

あなたの体重に合う硬さの目安については下記の記事でも解説しているので確認しておくのをおすすめします。
高反発マットレスで腰痛を悪化させない選び方

 

トップへ戻る